2017/10/17

日本ブロンテ協会2017年大会が終了いたしました

1014日(土)に、中央大学(多摩キャンパス)にて2017年大会が開かれ、盛会のうちに終わりました。

午前の部4つの研究発表では、前半は『ジェイン・エア』に描かれる「空色」のドレスに着眼した発表と、Daphne du MaurierWinifred Gérinによるブランウェルの2つの伝記の比較。後半は、『ヴィレット』に描かれる鬱病や身体を分析する発表と、シャーロット作品のヒロインの容姿を中心に執筆スタイルを検証する発表が行われました。午後の部では、ブランウェル・ブロンテ生誕200年を記念して、京都大学の廣野由美子教授による「ブランウェルは第四の小説家になりえたか?――その可能性と不可能性を探る」の講演が、多くの共感を呼びました。続いて「ブランウェルの人と芸術」と題するシンポジウムが行われ、絵画、音楽、バイオフィクション、詩といった多角的な側面から、ブランウェルの人物像と芸術についての考察がなされました。ブロンテ家でただ一人の男児として生を受け、姉妹の栄光の陰に隠れた存在であったブランウェル・ブロンテに光を当てる、生誕200年記念にふさわしい一日となりました。

大会の出席者は67名(会員56; 非会員11)で、懇親会の参加者が36名でした。素晴らしい会場をご提供くださいました中央大学さま、大会をお世話くださった先生方とお手伝いくださった中央大学の学生の皆さま、ご多忙のなかご出席いただきました皆さまに、深く感謝申し上げます。

来年度の日本ブロンテ協会2018年大会は、201810月13日(土)に中京学院大学(岐阜県中津川市)で開催予定です。また来年度、皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。







2017/10/02

講演会'Charlotte Bronte and the Pleasures of Learning a New Language '開催のお知らせ

2017年10月27日(金)に、武庫川女子大学にて、元東京大学客員教授のGeorge Hughes先生のご講演が行われます。詳細は下記の通りです。

***

日時: 2017年10月27日(金) 15:00~17:00(受付14:30~)
場所: 武庫川女子大学中央キャンパス文学1号館4階 L1-404

演題:‘Charlotte Bronte and the Pleasures of Learning a New Language’(「シャーロット・ブロンテと新しい言葉を学ぶ喜び」)
講演は英語で行われます(講演要旨は日本語で配布されます)。
参加料は無料です。

参加を希望される方は、下記へ10月20日(金)までにメール、ファックス、またはハガキでお申込みください。

〒663-8558  兵庫県西宮市池開町6-46  
武庫川女子大学言語文化研究所
tel: 0798-45-3574
fax: 0798-45-3574
e-mail: ilc★mukogawa-u.ac.jp
(メールは★の部分を@に変えて送信してください)

Hughes先生は、ケンブリッジ大学で博士号を修得され、東北大学、大阪大学、広島大学などでも教えられたことがあります。現在はアイルランドにお住まいです。


2017/09/11

アン・ブロンテの伝記小説が出版されます

ニューヨーク在住の作家Dianne M Dentonさんから、日本ブロンテ協会の会員の皆さんに、ご著書の紹介がありました。
2017年の後半に、アン・ブロンテの伝記小説、 Without the Veil Between, Anne Brontë: A Fine and Subtle Spiritを出版されるそうです。
Dianneさんは作家であるとともに、芸術家でもあるので、同書の表紙や挿絵のイラストもご自身で手掛けられたそうです。
...
詳しくは、下記のとおり。

Announcing a new biographical novel about the “other” Brontë sister, Anne Brontë by the American writer and artist DM Denton, to be published later in 2017: Without the Veil Between, Anne Brontë: A Fine and Subtle Spirit. Cover artwork & interior illustrations by author.

Without the Veil Between catches both the triumph and the tragedy of Anne’s short but quietly courageous and determined life. Her disappointments and heartbreak patiently borne; her originality of thought in opposition to contemporary mores; her searing and unflinching insights into the experiences of women.

The novel begins in 1842 while Anne is still governess for the Robinson family of Thorpe Green, away from Haworth and her family most of the time, with opportunities to travel to York and Scarborough, places she develops deep affection for. Although, as with her siblings, circumstances eventually bring her back home, she is not deterred in her quest for individual purpose and integrity, not even by her brother, Branwell’s, transgressions, which include adultery and substance abuse. She stands as firm in her ambitions as Charlotte does and is a powerful conciliator in light of Emily’s resistance to the publication of their poetry and novels.

More, including book trailers, pre-publication reviews, and how to sign up to receive notification of the novel’s release at http://booklaunch.io/dmdenton/withoutheveilbetween


2017/09/01

オランダのバンドAnoisからのメッセージ

Emily BrontëJ.R.R. Tolkienの詩に曲をつけてケルト音楽を演奏するオランダのバンドAnois。そのリードシンガーVeronica Metzさんから、以下のようなメッセージをいただきました。新曲もご試聴いただけます。どうぞお楽しみくださいませ!



⇒新曲“Dreaming All The While”のご試聴はこちらから

*****

Emily Bronte poems set to music by the dutch band Anois
Written by Veronica Metz, lead singer of Anois.

When I visited the Parsonage for the first time in 2004, it was almost as if I was struck by lightning and I found myself fascinated by the sisters lives and literature, particularly Emily’s. The purity of her soul, her bond with nature, the remote setting where a unique story in English literature was wrought and the shadow of the drama that Branwell brought about.. There is just something about it that I find very compelling. And I found myself lying on bed, reading books and articles about their incredible and dramatic lives.

During my first visit to the Parsonage the inspiration came upon me to make an album with music, entirely on the poems of Emily Brontё. Which I think are very underestimated, still. One of the things I personally love about them, is that she does not need fancy words or structures; Emily can say very deep and profound things with simple means and words, without overdoing it or being theatrical like so many other poets.

At that time I was in a band called Anois (that means “now” in the irish/gaelic language: yes, Irish and English culture have also been one of my inspirations). The other band members were gripped by the fever also, and songs started rolling out very natural and without much effort. Some of the poems we set to music are “Song (My Lady’s Dreams)”, “Remembrance”, “Stars”, “The Wanderer”, “Last Words”, “Tell Me” and “No Coward Soul is Mine”.

We released a CD of this music called “Emily” and had a number of live performances, amongst others for the Brontё Society in England and Belgium and at theaters and live sound venue’s. After a period of about 10 years the band fell apart (like bands do) and I stopped making music for a while, spending my time at the education for music therapist. Nowadays I make a living as a music therapist, working with autistic children, and giving piano lessons.

However, recently I started a new band again, with some of the old members of Anois: Nick Hubers and Ignace Dhont. This band is called Aylona and right now we are working at the studio of Ignace, recording new songs. There are also new songs inspired and on the lyrics of Emily Brontё and we’d like to give you a sneak preview of what is to come J Both website and facebook page are under construction at the moment: www.aylona.com and https://www.facebook.com/aylonamusic/  We will start promoting it when we are ready, this is just in case any of you would like to keep in touch with us.

Many, many thanks to Yoko Ushironaka, without whose enthusiastic support this article would not have been written.





ご試聴のページ

新曲”Dreaming All The While”を試聴



2017/08/01

日本ブロンテ協会2017年大会が開催されます

日本ブロンテ協会本部より、2017年大会のプログラムが届きましたのでお知らせいたします。皆様ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。皆様にお会いできますことを、楽しみにしております。

ご出欠の回答は、専用フォームをご利用ください。大会の準備の都合上、9月末日までに出欠回答用フォームにてご出席の旨をお知らせくださいますようご協力をお願いいたします。

日本ブロンテ協会の会員以外の方のご参加も歓迎いたします。会員でない方も無料でご参加いただけます。(非会員の方の参加申込みもこちらです)。




2017年大会プログラムは、以下のとおりです。

************

日時 20171014日(土) 950 から1730分まで
場所 中央大学(多摩キャンパス)1号館1406
192-0393 東京都八王子市東中野742-1

総合司会   日本ブロンテ協会理事    野ゆき子

★開会の辞 9:50    元川村学園女子大学教授    

★研究発表 10:0012:00

司会  青山学院大学教授   
1. 「なぜヒロインは<空色>を選ぶのか」
        大阪市立西高等学校教諭   部みはる
2. Branwell Brontë2つの伝記」
        日本大学准教授  

司会  東北大学名誉教授   木 美津子
3. Villetteにおけるルーシー・スノウの憂鬱――19世紀的女性の身体からの解放としての病」
        東京大学大学院博士課程  
4. 「シャーロット・ブロンテの執筆スタイル:『シャーリー』を中心に」
        昭和女子大学教授  

★講演 14:0015:00     司会     元近畿大学教授      水伊津代
演題 「ブランウェルは第四の小説家になりえたか?――その可能性と不可能性を探る」
       京都大学教授   野由美子

★シンポジウム 15:1017:20     「ブランウェルの人と芸術」
        司会・発題者   大阪大谷大学教授    
        発題者   神戸大学非常勤講師   
        発題者   神戸親和女子大学非常勤講師   
        発題者   神戸市看護大学准教授  


★閉会の辞 17:20    金沢大学名誉教授     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★懇親会 18:00 20:00 中央大学 1 号館 1410 会費 5,000
        司会   東京芸術大学准教授    侘美真理



2017/06/06

ブロンテ・ディ公開講座が開催されました

64日(日)に横浜市立大学 金沢八景キャンパスにて、ブロンテ・デイ公開講座が開催されました。

杉村寛子大阪電気通信大学教授による講演「想像力の軌跡~シャーロット・ブロンテのビルドゥングスロマン」と、佐藤郁子苫小牧駒澤大学教授による講演「シャーロット・ブロンテとニードルレースの趣(しつらえ)」が行われました。

会場では、ボビンやシャトルなど、異なる道具を使って佐藤先生が編まれた様々な種類のレースも展示されました。

参加者は59名で、そのうち34名は横浜市民の方や一般のイギリス文学の愛好者の方々でした。

講座を共催し、会場をご提供いただきました横浜市立大学の関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。