2017/09/11

アン・ブロンテの伝記小説が出版されます

ニューヨーク在住の作家Dianne M Dentonさんから、日本ブロンテ協会の会員の皆さんに、ご著書の紹介がありました。
2017年の後半に、アン・ブロンテの伝記小説、 Without the Veil Between, Anne Brontë: A Fine and Subtle Spiritを出版されるそうです。
Dianneさんは作家であるとともに、芸術家でもあるので、同書の表紙や挿絵のイラストもご自身で手掛けられたそうです。
...
詳しくは、下記のとおり。

Announcing a new biographical novel about the “other” Brontë sister, Anne Brontë by the American writer and artist DM Denton, to be published later in 2017: Without the Veil Between, Anne Brontë: A Fine and Subtle Spirit. Cover artwork & interior illustrations by author.

Without the Veil Between catches both the triumph and the tragedy of Anne’s short but quietly courageous and determined life. Her disappointments and heartbreak patiently borne; her originality of thought in opposition to contemporary mores; her searing and unflinching insights into the experiences of women.

The novel begins in 1842 while Anne is still governess for the Robinson family of Thorpe Green, away from Haworth and her family most of the time, with opportunities to travel to York and Scarborough, places she develops deep affection for. Although, as with her siblings, circumstances eventually bring her back home, she is not deterred in her quest for individual purpose and integrity, not even by her brother, Branwell’s, transgressions, which include adultery and substance abuse. She stands as firm in her ambitions as Charlotte does and is a powerful conciliator in light of Emily’s resistance to the publication of their poetry and novels.

More, including book trailers, pre-publication reviews, and how to sign up to receive notification of the novel’s release at http://booklaunch.io/dmdenton/withoutheveilbetween


2017/09/01

オランダのバンドAnoisからのメッセージ

Emily BrontëJ.R.R. Tolkienの詩に曲をつけてケルト音楽を演奏するオランダのバンドAnois。そのリードシンガーVeronica Metzさんから、以下のようなメッセージをいただきました。新曲もご試聴いただけます。どうぞお楽しみくださいませ!



⇒新曲“Dreaming All The While”のご試聴はこちらから

*****

Emily Bronte poems set to music by the dutch band Anois
Written by Veronica Metz, lead singer of Anois.

When I visited the Parsonage for the first time in 2004, it was almost as if I was struck by lightning and I found myself fascinated by the sisters lives and literature, particularly Emily’s. The purity of her soul, her bond with nature, the remote setting where a unique story in English literature was wrought and the shadow of the drama that Branwell brought about.. There is just something about it that I find very compelling. And I found myself lying on bed, reading books and articles about their incredible and dramatic lives.

During my first visit to the Parsonage the inspiration came upon me to make an album with music, entirely on the poems of Emily Brontё. Which I think are very underestimated, still. One of the things I personally love about them, is that she does not need fancy words or structures; Emily can say very deep and profound things with simple means and words, without overdoing it or being theatrical like so many other poets.

At that time I was in a band called Anois (that means “now” in the irish/gaelic language: yes, Irish and English culture have also been one of my inspirations). The other band members were gripped by the fever also, and songs started rolling out very natural and without much effort. Some of the poems we set to music are “Song (My Lady’s Dreams)”, “Remembrance”, “Stars”, “The Wanderer”, “Last Words”, “Tell Me” and “No Coward Soul is Mine”.

We released a CD of this music called “Emily” and had a number of live performances, amongst others for the Brontё Society in England and Belgium and at theaters and live sound venue’s. After a period of about 10 years the band fell apart (like bands do) and I stopped making music for a while, spending my time at the education for music therapist. Nowadays I make a living as a music therapist, working with autistic children, and giving piano lessons.

However, recently I started a new band again, with some of the old members of Anois: Nick Hubers and Ignace Dhont. This band is called Aylona and right now we are working at the studio of Ignace, recording new songs. There are also new songs inspired and on the lyrics of Emily Brontё and we’d like to give you a sneak preview of what is to come J Both website and facebook page are under construction at the moment: www.aylona.com and https://www.facebook.com/aylonamusic/  We will start promoting it when we are ready, this is just in case any of you would like to keep in touch with us.

Many, many thanks to Yoko Ushironaka, without whose enthusiastic support this article would not have been written.





ご試聴のページ

新曲”Dreaming All The While”を試聴



2017/08/01

日本ブロンテ協会2017年大会が開催されます

日本ブロンテ協会本部より、2017年大会のプログラムが届きましたのでお知らせいたします。皆様ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。皆様にお会いできますことを、楽しみにしております。

ご出欠の回答は、専用フォームをご利用ください。大会の準備の都合上、9月末日までに出欠回答用フォームにてご出席の旨をお知らせくださいますようご協力をお願いいたします。

日本ブロンテ協会の会員以外の方のご参加も歓迎いたします。会員でない方も無料でご参加いただけます。(非会員の方の参加申込みもこちらです)。




2017年大会プログラムは、以下のとおりです。

************

日時 20171014日(土) 950 から1730分まで
場所 中央大学(多摩キャンパス)1号館1406
192-0393 東京都八王子市東中野742-1

総合司会   日本ブロンテ協会理事    野ゆき子

★開会の辞 9:50    元川村学園女子大学教授    

★研究発表 10:0012:00

司会  青山学院大学教授   
1. 「なぜヒロインは<空色>を選ぶのか」
        大阪市立西高等学校教諭   部みはる
2. Branwell Brontë2つの伝記」
        日本大学准教授  

司会  東北大学名誉教授   木 美津子
3. Villetteにおけるルーシー・スノウの憂鬱――19世紀的女性の身体からの解放としての病」
        東京大学大学院博士課程  
4. 「シャーロット・ブロンテの執筆スタイル:『シャーリー』を中心に」
        昭和女子大学教授  

★講演 14:0015:00     司会     元近畿大学教授      水伊津代
演題 「ブランウェルは第四の小説家になりえたか?――その可能性と不可能性を探る」
       京都大学教授   野由美子

★シンポジウム 15:1017:20     「ブランウェルの人と芸術」
        司会・発題者   大阪大谷大学教授    
        発題者   神戸大学非常勤講師   
        発題者   神戸親和女子大学非常勤講師   
        発題者   神戸市看護大学准教授  


★閉会の辞 17:20    金沢大学名誉教授     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★懇親会 18:00 20:00 中央大学 1 号館 1410 会費 5,000
        司会   東京芸術大学准教授    侘美真理



2017/06/06

ブロンテ・ディ公開講座が開催されました

64日(日)に横浜市立大学 金沢八景キャンパスにて、ブロンテ・デイ公開講座が開催されました。

杉村寛子大阪電気通信大学教授による講演「想像力の軌跡~シャーロット・ブロンテのビルドゥングスロマン」と、佐藤郁子苫小牧駒澤大学教授による講演「シャーロット・ブロンテとニードルレースの趣(しつらえ)」が行われました。

会場では、ボビンやシャトルなど、異なる道具を使って佐藤先生が編まれた様々な種類のレースも展示されました。

参加者は59名で、そのうち34名は横浜市民の方や一般のイギリス文学の愛好者の方々でした。

講座を共催し、会場をご提供いただきました横浜市立大学の関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。



2017/03/30

日本ブロンテ協会関西支部2017年大会が終了いたしました

3月29日(水)に大阪電気通信大学 駅前キャンパスにて、関西支部の2017年大会が開催されました。

大会出席者は43名、懇親会出席者21名、ご多忙のなかご来場いただきまして御礼申し上げます。

第一発表には、Suzanne Keenが唱える『シャーリー』における三つのannexに着目し、annexの前後での物語の転換について考察するご発表。第二発表には、『嵐が丘』にみる悲嘆の描写を、医療領域からウォーデン、ボルビーなどによって発信された「悲嘆」に関する研究に基づいて分析するご発表がありました。最後に、作家ヘンリー・ジェームズ、作家シャーロット・ブロンテの読者への配慮と意図をご指摘くださる興味深いご講演が、パワーポイントによる当時の挿絵の提示ともに、味わい深く語られました。今年は談話会も復活し、活発な討議が行われました。

たいへん利便性の良い、美しい会場をご提供いただきました大阪電気通信大学様に、深く感謝申し上げます。

次回の支部大会は2018年3月に神戸市看護大学で開催予定です。詳細が決まり次第、こちらのブログでもお知らせいたします。みなさま奮ってご参加くださいませ。


(関西支部事務局)
email:bronte.kansaigmail.com (△@に置き換えてください

2017/02/19

2017年ブロンテ・デイ公開講座のご案内

ブロンテ姉妹が創作を始めたきっかけは、彼女たちの父親パトリック・ブロンテが、1826年6月5日リーズから買ってきてくれた12体の木製兵隊人形でした。ブロンテ家の子供たちは、兵隊人形に名前をつけて、空想劇を始めました。幼き日のこの人形遊びが、のちのブロンテ文学の萌芽だと言えます。

この6月5日に近い6月の第1日曜日を日本ブロンテ協会は、本国イギリスの協会と歩調をあわせブロンテ・デイとし、専門家のみならず一般愛好者も集い、ブロンテ文学を愉しみ、味わうことにしています。

本講座はその行事の一つであり、ブロンテ愛好者であれば十分愉しめる講座となっております。協会員以外の方でも、ブロンテ文学に興味のある方ならどなたでも無料で参加できます。ブロンテ文学に興味がおありの方は、奮ってご参加くださいませ。


講師: 杉村 寛子 大阪電気通信大学 教授
演題: 想像力の軌跡〜シャーロット・ブロンテのビルドゥングスロマン


職業作家になる前から、シャーロット・ブロンテにとって「想像力」は大きな問題でした。作品の中で言及される「想像力」を少したどりつつ、シャーロットが理想とした「想像力」の有り様を探りたいと思います。

講師: 佐藤 郁子 苫小牧駒澤大学 教授
演題: シャーロット・ブロンテとニードルレースの趣


ベルギー留学の経験が反映されている『ヴィレット』にはレースで彩られる人物や場面が描かれています。シャーロットが『ヴィレット』に組み入れた伝統的レースの歴史やその効果を探ります。

司会: 栗栖 美知子 大東文化大学 教授


日時: 平成29年6月4日 (日) 14時~16時

受講対象者 / 協会員、ブロンテ文学に興味がある方、一般の方、学生
受講料 / 無料
会場 / 横浜市立大学金沢八景キャンパス・カメリアホール(横浜市金沢区瀬戸22-2)
(アクセス)京浜急行金沢八景駅から徒歩5分、
シーサイドライン金沢八景駅から徒歩7分
横浜市立大学金沢八景キャンパスへのアクセス方法はこちら


受付 /当日は13時30分から受付を開始いたします。
主催 / 日本ブロンテ協会
共催 / 横浜市立大学地域貢献センター
後援 / 横浜政策局

申込 /参加のお申し込みは、専用の申し込みフォームに必要事項をご記入ください。
準備の都合上、5月末日までにお申し込みをお願いいたします。

2017年公開講座参加申し込みフォームのページへ



【お詫び】
日本ブロンテ協会ニューズレター第94号(2017年4月1日発行)の記事において、公開講座の日程が7頁では4日(日)、8頁は4日(土)となっていますが、8頁は4日(土)→ 4日(日)の誤りです。お詫びいたしまして、訂正させていただきます。