2022/06/04

2022年ブロンテ・デイ公開講座が開催されました

64日(土)14:0016:10   2022年ブロンテ・デイ公開講座がZoomで開催されました。

杉村藍鳥取大学教授による講演「ビューイックとブロンテ姉妹」と、大田美和中央大学教授による講演「ブロンテの伝記映画To Walk Invisibleについて」が行われました。

今年は昨年度に引き続き2回目のZoom大会となりましたが、90名近い参加者がありました。

講座を共催しZoomのホストをしてくださった横浜市立大学関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

来年度からは早稲田大学を会場として実施予定です。


2022/04/11

2022年ブロンテ・デイ公開講座についてのご案内

2022年ブロンテ・デイ公開講座を64日(土)14:00よりZoom開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。ブロンテ文学に興味がある方であればどなたでも受講できます。受講料は無料です。

お申し込みはこちらからお願いいたします(受付期間429日〜527日)。


主催:日本ブロンテ協会

共催:横浜市立大学地域貢献センター

後援:横浜市政策局

2022411日)

2022/03/27

「アナキズム」のブックガイドにブロンテ登場

田中ひかる編『アナキズムを読む <自由>を生きるためのブックガイド』皓星社、2021年に、ブロンテの一冊が紹介されています。シャーロット・ブロンテの小説『ジェイン・エア』です。西洋史が専門の山本明代さん(名古屋市立大学教員)が「秩序への反抗と自由を求める主人公の生き方を読む」という題で執筆しています(34ページから36ページ)。

ブロンテの専門家としては、最初、三姉妹の中で政治的に一番保守的で、今やフェミニストとしても妹のアンに劣るとみなされているシャーロットがアナキスト?と思ってしまいましたが、「(ジェイン・エアは)過酷な経験の中で権威に同調しないオートノミーを創り出す方法を身に付けた」という指摘や、ジェインと従姉妹たちとの水平的なシスターフッドと「連帯の声」という指摘にうなずきました。シャーロット・ブロンテがアナキストなのではなくて、ジェイン・エアがアナキストなのです。

見開き2ページの文章は要点が明快で、複数の読み方(フェミニズム、ポストコロニアリズム、階級)が可能である『ジェイン・エア』を、アナキズム的に読むとどうなるかがわかります。ゼミで取り上げたところ、ゼミ論文にうまく活かせた学生もいました。 

本書の執筆陣には英文学研究者は入っていませんが、約50冊のブックガイドの中に『ジェイン・エア』が入った喜びを、ブロンテ・ファンの皆様と共有したく、ぜひお読み下さい。

大田美和

以上


2021/10/16

日本ブロンテ協会第36回大会が終了いたしました

 第36回日本ブロンテ協会大会が1016日(土)にZoomで開催され、無事終了いたしました。

発表は4本ありました。

大澤舞
キャロラインに吹く「西風」―『シャーリー』における与え合う女たちと負債

古野百合                        
没後200マリア・ブランウェルに思いを馳せる                                  

佐久間千尋                      
空間を掌握する魔女たち―『嵐が丘』と「白雪姫」                                                    

宇田和子
English Literature as Therapy:ブロンテ姉妹を発端に
                          
シンポジウムはアン・ブロンテ特集でした。
「アン・ブロンテ生誕200年」
司会・発題者:大田美和
発題者:侘美真理
発題者:渡千鶴子
発題者:木村晶子

52名が参加し、時間が不足するほど多くの質問が寄せられました。

来年度の日本ブロンテ協会第37回大会は、東京藝術大学で開催予定です。皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。


2021/08/09

第36回大会のご案内

 1016日(土)に日本ブロンテ協会第36回大会をZoomにて開催いたします。プログラムはこちらをご覧ください。会員の皆様には、8月中にプログラムを、1011日頃にZoomのミーティング情報をメール送信いたします。メールアドレスを未提出の方、また提出済みであるのに8月中に事務局からのメールが届かなかった方は、迷惑メールフォルダをご確認の上、有効なメールアドレスを事務局までお届けください。


2021/06/05

2021年ブロンテ・デイ公開講座が開催されました

 65日(土)14:0016:20   2021年ブロンテ・デイ公開講座がZoomで開催されました。

侘美真理東京藝術大学准教授による講演「アグネスをとりまく「新しい女性」たちー『アグネス・グレイ』の翻訳作業を顧みて」と、鵜飼信光九州大学教授による講演「『嵐が丘』のEdgar Linton―Heathcliff帰還後Catherineは何故さっさと彼と別れないのか?」が行われました。

今年は初めてのZoom大会となりましたが、80名近い参加者がありました。

講座を共催しZoomのホストをしてくださった横浜市立大学関係者の皆様に心より御礼申し上げます。


2021/04/14

2021 年ブロンテ・デイ公開講座についてのご案内

 2021 年ブロンテ・デイ公開講座を 6 月 5 日(土)14:00 より Zoom 開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。ブロンテ文学に興味がある方であればどなたでも受講できます。受講料は無料です。 

お申し込みはこちらからお願いいたします(受付期間 4 月 29 日〜5 月 27 日)。

主催:日本ブロンテ協会 
共催:横浜市立大学地域貢献センター
後援:横浜市政策局


2020/11/07

日本ブロンテ協会2020年ウェブ大会が終了いたしました

 第35回日本ブロンテ協会大会が1016日(金)~22日(木)にオンラインで開催され無事終了いたしました。

 次の3本の研究発表が協会HPに掲載されました。

 

井寺利奈

母なるものへの執着-『ジェイン・エア』における首への<しがみつき>のモチーフ

越後谷明恵
ヒースクリフ生死の謎に迫る-遺品と遺伝の『嵐が丘』

山本菜々美
バーサとルースのセクシュアルポリティクス

参加者は質問をフォームを使って送り、発表者はそれに回答することで、双方向のやり取りも実現しました。

斬新かつ説得力のある発表をしてくださったお三方、ご参加くださった会員の皆さま、ウェブ大会の実務をご担当された先生方に深く感謝申し上げます。

 

来年度の日本ブロンテ協会第36回大会は、富山大学五福キャンパスで開催予定です。皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。